東京新聞 TODAY

次回の発行は

2 23

Cover Screen

足湯×飛行機でホッとひといき
羽田イノベーションシティ

足湯×飛行機でホッとひといき  羽田イノベーションシティ
飛行機を眺めながら無料で足湯が楽しめる「足湯スカイデッキ」(提供写真)

 羽田空港(大田区)そばにある「羽田イノベーションシティ」。屋上の「足湯スカイデッキ」は、飛行機を眺めながら無料で足湯が楽しめるスポットとして人気を集めています。

 京急線・東京モノレールの「天空橋」駅に直結する羽田イノベーションシティは商業・オフィスなどからなる大型複合施設。2020年7月3日に一部施設が先行オープンしており、2023年には、さらに規模を拡大してグランドオープンする予定です。

 地下1階、地上10階建てで延べ床面積は13万平方メートル超。「先端産業」と「文化産業」の融合をテーマに、研究開発施設、先端医療研究センター、コンベンションホールなどを整備する一方、一般の人が利用できるスポットも。ライブホール、デジタル体験型商業施設、戦闘機のフライトシミュレーター体験施設などがそろいます。

 歩行者デッキにはグルメショップも充実。蒲田に本店を構える有名店「とんかつ檍(あおき)」、羽根付き餃子で人気の中国料理店「春香園」、ロボットが調理から配膳まで行うレストラン「AI–SCAPE(アイ・スケープ)」などが並びます。

大型複合施設「羽田イノベーションシティ」

◆南風ルート運用時がお薦め

 「足湯スカイデッキ」は同施設Eゾーンの屋上にあり、利用時間は午前5時30分~午後11時30分。たくさんの飛行機が離発着する様子が見られるので、子どもだけでなく、大人でも十分楽しめます。

 羽田空港では風向きにより異なる飛行ルートを運用しており、南風が吹く日の好天時、午後3時~7時のうち約3時間は「B滑走路」を離陸に使用しています。羽田イノベーションシティは、B滑走路の先にあることから、南風ルート運用時は、離陸し、頭上を通り越していく飛行機を眺めることが可能。南風運用の状況は、羽田空港飛行コースホームページなどで確認できます。

 足湯スカイデッキにある自動販売機ではオリジナルタオル(1枚500円)を販売しているので、手ぶらで行ってもOK。夜間はライトアップされ、昼間の雰囲気とは一変。空港ならではの幻想的な夜景が目の前に広がります。

自動販売機ではオリジナルタオルを販売
夜になれば目の前に空港の夜景が広がります

【羽田イノベーションシティ】

▽住所 東京都大田区羽田空港1の1の4

▽ホームページ https://haneda-innovation-city.com/