東京新聞 TODAY

次回の発行は

2 23

Cover Screen

寒い時期に恋しくなる、和スイーツで“ほっと”ひといき

寒い時期に恋しくなる、和スイーツで“ほっと”ひといき

和スイーツで“ほっと”ひといき 寒い時期に恋しくなる、あったか~い名物メニューを紹介します。

トロ~ッととろける出来立てのおいしさ

川崎大師仲見世通り 大谷堂 「釜あげわらび餅」

330円(全4種。店頭では冬季のみ販売。持ち帰り用は550円ほか)

 川崎大師の仲見世通りに店を構える、わらび餅専門店。山梨県にある約3000坪の畑でわらびを育て、自社製造した本わらび粉を使っています。職人が銅釜で約1時間練り上げるわらび餅。出来立てのおいしさを、との思いから誕生した「釜あげわらび餅」は、口に入れた瞬間にトロ~ッととろける、独特の食感が楽しめます。

  •  住所   川崎区大師町4の41
  •  営業時間 午前9時~午後5時
  •  定休日  なし
  •  電話番号  044(201)7167

蒸したてフカフカつぶしあんぎっしり

多摩川菓子店「追分まんじゅう」

1個140円

 60年以上の歴史がある和菓子店の看板商品。創業とほぼ同時に登場し、現在でも1日平均約1000個を売り上げます。蒸したてでフカフカの生地の中には、北海道産の小豆を使ったつぶしあんがぎっしり。まんじゅう同士がくっつかないよう、たっぷりとまぶした「きなこ」が香ばしい、あったかいうちに食べたい逸品です。

  •  住所   川崎区大島2の1の2
  •  営業時間 午前9時~午後5時
  •  定休日  月曜、第2・4火曜
  •  電話番号 044(244)3484

上品な甘さで、身に染みる

菓寮 東照本店 「お汁粉」

550円

 1913(大正2)年創業の老舗和菓子店「菓寮 東照(とうてる)本店」に併設の茶房で味わえる、お汁粉。北海道産の小豆「煌(きらめき)」をふっくらと炊いたあんは、上品な甘さで、身に染みる優しい味。新潟県魚沼産「こがね餅米」を使った「焼き餅入り」(写真)か、つるりとした食感にゆで上げた「白玉餅入り」が選べます。

  •  住所   川崎区本町1の8の9
  •  営業時間 午前9時~午後6時(日曜は午後5時まで)
  •  定休日  なし
  •  電話番号 044(244)5221

卵不使用の生地に自家製あんをたっぷり

菓心 桔梗屋 「みかぼ焼き」

1個150円(土曜のみ、かぼちゃあん170円も販売)

 60年以上の歴史を持つ和菓子店の人気商品。卵不使用の生地に自家製あんをたっぷりと詰めて焼き上げた大判焼きです。商品名は考案者である初代の故郷・群馬県の御荷鉾(みかぼ)山に由来。生地の継ぎ目から二つに分けてトーストし、バターをのせて「あんトースト風」に食べる常連客も多いそう。10月から4月末まで販売。

  •  住所   中原区新丸子754
  •  営業時間 午前10時~午後6時
  •  定休日  日曜
  •  電話番号  044(722)2755