東京新聞 TODAY

次回の発行は

2 23

Cover Screen

4月29日(土・祝)
4年ぶりに川崎場所が開催

4月29日(土・祝)  4年ぶりに川崎場所が開催

「令和五年春の陣 大相撲川崎場所」(主催=同実行委員会など、勧進元=織戸四郎)が4月29日(土・祝)午前9時~午後3時、川崎市とどろきアリーナ(中原区)で開催されます。期待の序二段から横綱まで約270人の力士が勢ぞろい。会場の真ん中に作られた本格的な土俵の上で迫力満点の取組が繰り広げられます。今年は初の祝日開催のため、家族みんなで楽しめるイベントも多数用意されています。
※写真は全て以前行われた川崎場所のもの

■ 力士が気さくに

サインにも気さくに応じてくれる

 前回(2019年4月)、約7000人が来場し「満員御礼」の懸垂幕が下がったほど人気だった川崎場所が、4年ぶりに開催されます。
 照ノ富士関、貴景勝関、正代関など人気・実力を兼ね備えたあこがれの力士たちが目の前に。取組がない時間には会場に姿を見せ、気さくに写真撮影やサインに応じてくれる、本場所とは一味違う、地方巡業ならではの楽しさが味わえます。
 力士2人が息ぴったりのコミカルな動きで禁じ手や珍しい決まり手を紹介する「初切(しょっきり)」や、ユーモアあふれる歌詞を力士数人が美声で歌い上げる「相撲甚句」。小気味よい音が響く「太鼓打分実演」や、結びの一番の後、華麗に行われる「弓取式(ゆみとりしき)」など、見どころも満載です。 会場の周囲には、力士の名前が入ったマグカップ、フェイスタオルなど、手に入りにくい相撲関連グッズや、川崎名店も売店も並び、巡業を盛り上げます。

2人の力士がコミカルな動きで禁じ手などを紹介
する「初切」

■三世代で参加できるイベントも

さらに今年は川崎場所初の祝日開催。ゴールデンウイーク初日に当たり、家族連れが訪れやすいため「日本一家族が安心して楽しめる巡業にします」と勧進元の織戸四郎さんは力を込めます。
会場の一角には、ベビーマットが敷かれ、幼いお子さんが遊べるスペースが用意されます。
赤ちゃんから大人まで、誰もが楽しめるイベント(下図)もめじろ押しです。
※イベントの参加は入場券を持っている人が対象です。
※出場する力士は未定です
チケットなどの詳細は☎044(589)7756(平日午前10時~午後4時)大相撲川崎場所実行委員会事務局へ。