東京新聞 TODAY

次回の発行は

2 23

Cover Screen

第38回かわさき阿波おどり
10月14日(土)午後4時〜8時
JR川崎駅東口で開催

第38回かわさき阿波おどり  10月14日(土)午後4時〜8時  JR川崎駅東口で開催

 川崎の秋の風物詩である「かわさき阿波おどり」(主催=かわさき阿波おどり実行委員会、後援=川崎市・川崎商工会議所、協賛=川崎信用金庫・明治安田生命保険相互会社)が10月14日(土)、JR川崎駅東口周辺で開催されま

5年ぶりに商店街の練り歩きが復活

軽快なリズムに合わせて(写真はすべて昨年の様子)

 1986(昭和61)年に始まり、38回目を迎える「かわさき阿波おどり」。悪天候やコロナ禍で中止や縮小が続きましたが、今年は川崎駅東口の商店街「銀座街」「銀柳街」での練り歩きが5年ぶりに復活します。
 地元川崎の連(踊り手のグループ)や招待連など計11連約470人が、独特のリズムに合わせて演舞を披露します。
  「ヤットサー、ヤットサー」と辺りに響き渡る威勢のいい掛け声。浴衣や着物に編みがさ姿で踊る「女踊り」は、優雅な集団美を見せながらしとやかに。うちわやちょうちんを手に踊る「男踊り」は、ダイナミックに、時にはひょうきんさを表現しながら会場を盛り上げます。  元気いっぱいにリズミカルな踊りで笑顔を振りまく子ども連も大活躍。「宮前小子ども連」はオーディションを勝ち抜いた児童たちが迫力満点の踊りを披露、「川崎アゼリア 南広場」に登場する「第一ひかり幼稚園連」は、小さな手のひらをいっぱいに開き、かわいらしさで観客の視線をくぎ付けにします。
 問い合わせは、かわさき阿波おどり実行委員会☎044(222)9111まで。演舞順とタイムスケジュールは公式ホームページ(http://www.kawasaki-awaodori.com/)で確認を。

「宮前小子ども連」は息もピッタリ!

▼日時 10月14日(土)午後4時〜8時。雨天決行。荒天中止
▼会場 JR川崎駅東口周辺(銀座街・銀柳街・アゼリア)